アールワイレンタル 返却

アールワイレンタルの送料を無駄にしてしまった人の話

 

アールワイレンタルはレンタルスーツケース業界の中でも日本最大級のレンタルスーツケース会社です。そのスーツケースの保有数は5,000個を超え、年間のスーツケースレンタル実績は10万件以上にもなっています。このアールワイレンタルの人気はスーツケースの保有数やスーツケースレンタル実績数だけでもなく、アールワイレンタルの充実したサービスにもあります。

 

そのアールワイレンタルのユーザーを満足させる充実したサービスの中には、「往復送料無料サービス」があります。アールワイレンタルでは、アールワイレンタルからスーツケースが送られてくる送料も、アールワイレンタルへスーツケースを返却する際の送料も、往復の送料をアールワイレンタルが負担してくれます。
他のスーツケースレンタル会社はわかりませんが、アールワイレンタルのこの往復送料無料サービスはユーザーにはかなり嬉しいサービスですよね。大きなスーツケースでも送料は全てのアールワイレンタルが負担してくれるわけですから、ユーザーは結果的にスーツケースをレンタルする総額が安くなります。

 

しかし、本ページでは、「アールワイレンタルの送料を無駄にしてしまった人の話」をさせていただきます。アールワイレンタルは、往復送料無料サービスがあるのになぜ送料w無駄にしてしまった人が存在しているんでしょうか。これを詳しく下記でお話します。参考にしてください。

 

 

アールワイレンタルは送料無料なのに送料を無駄にしてしまった...。

 

この方はアールワイレンタルでスーツケースをレンタルしました。最初にアールワイレンタルからスーツケースが送られてくる送料はもちろん無料で、アールワイレンタルからレンタルしたスーツケースを使い、レンタルし終わったのでアールワイレンタルへスーツケースを返却する準備をしていました。この方はアールワイレンタルでスーツケースをレンタルしたら往復送料無料になる事も知っていたので送料の件は安心していました。

 

しかし、旅行から帰ってきてバタバタしていたのか、アールワイレンタルへスーツケースを返却する事をうっかり忘れてしまい、大急ぎでスーツケースを返却する準備をしました。そして、レンタル期間最終日、急いで返却の準備はしたのですが、アールワイレンタルが指定した運送会社のヤマト運輸の集荷受付時間を過ぎてしまいました。

 

ヤマト運輸の集荷受付時間を過ぎたら翌日の集荷扱いになってしまい、アールワイレンタルの規定でレンタルの延滞料が発生してしまいます。これでは延滞料で損をしてしまう...!そう思ったこの方は、アールワイレンタルが指定した運送会社のヤマト運輸ではなく、佐川急便でスーツケースを送りました。

 

佐川急便は、集荷受付時間を過ぎておらず、その日の集荷扱いになっていたので佐川急便にしたのです。『ふぅ...。これで延滞料は大丈夫だ...。』そう安心したこの方は、ある事に気づいていませんでした。それは、送料を無駄にしてしまっている事です。そうです。アールワイレンタルの往復送料無料サービスは、あくまでも最初にアールワイレンタルから送られてきたスーツケースの中に入っている返却伝票を使ってこそ適用されるサービスです。

 

このアールワイレンタルから送られてきたスーツケースの中に入っている返却伝票は、ヤマト運輸専用の伝票です。他の運送会社では使えない伝票です。ですから、この方は佐川急便で集荷受付時間には間に合ったものの、アールワイレンタルの返却伝票が使えなかったので、往復送料無料サービスは適用されず送料を負担するはめになったのです。

 

これがアールワイレンタルの送料を無駄にしてしまった人の話の全貌です。こういった送料を無駄にしてしまわないためには、きっちりアールワイレンタルに返却する日付を把握しておき、アールワイレンタルが指定した運送会社のヤマト運輸専用の返却伝票を利用できるよう、ヤマト運輸の集荷受付時間内にクロネコヤマトの営業所やドライバーにアールワイレンタルに返却するスーツケースを預ける事です。

 

ちなみに、コンビニでアールワイレンタルでレンタルしたスーツケースを返却する場合は、集荷受付時間が早いので注意が必要です。

 

 

 
トップへ戻る