アールワイレンタル 破損

アールワイレンタルスーツケースを航空会社が破損させた場合

 

あなたが旅行や出張のためにアールワイレンタルでスーツケースをレンタルし、破損させた場合の罰金や弁償についての情報を掲載している本ページ。旅行や出張に行くのは長旅ですし、レンタルしたスーツケースは長時間持ち運びますので、破損の可能性は大いに考えられます。これはアールワイレンタルでスーツケースをレンタルした本人だけでもなく、「航空会社」にも破損させる可能性がある事を意味しています。

 

よく航空会社に預けたスーツケースや荷物に傷や汚れがついている事が問題視されていますよね。これは言ってしまえば仕方がない事で、航空会社は飛行機の荷物置き場にスーツケースを入れて運んでくれていますが、長い距離スーツケースが移動するわけですから、傷がついたり破損したりする事は可能性的にはゼロではないのです。

 

航空会社がスーツケースを破損させる事は可能性的に仕方がない。ですが、この破損したスーツケースの修理代金や損害賠償はどうなるのでしょうか。もし、アールワイレンタルでレンタルしたスーツケースが航空会社のせいで破損して、その損害賠償をレンタルした本人がかぶるのなら、それは損をしますし嫌ですよね。それでは、アールワイレンタルのスーツケースが破損した場合のルールの中の、「航空会社が破損させた場合」のルールを見ていきましょう。

 

 

アールワイレンタル破損(航空会社)に対するルール

アールワイレンタルがお貸ししたレンタルスーツケースがお客様がご利用になった航空会社の荷扱いが原因で破損した場合においても、アールワイレンタルではお客様にレンタルスーツケース破損による罰金や弁償のような損害賠償を請求しません。もし、航空会社の荷扱いによってスーツケースが破損したらこの破損に関する損害賠償請求は、航空会社に致します。破損による損害賠償請求自体は航空会社にしますが、お客様にもご協力いただきたい事がございます。詳しくは、航空会社が破損させた場合に客がする対応をご覧ください。

 

アールワイレンタルは航空会社が破損させた場合も無償

 

アールワイレンタルでは、あなたがレンタルしたスーツケースを破損させた場合も、あなたではなく航空会社が破損させた場合も無償です。もちろん、航空会社が破損させた場合には損害保険を利用するのではなく、スーツケースの破損によってかかる料金は航空会社に損害賠償請求します。しかし、これは航空会社が実質的に破損による料金を負担するのではなく、航空会社が加入している損害保険で破損による料金を捻出します。

 

あなたがレンタルしたスーツケースが航空会社によって破損した場合に、あなたに罰金や弁償はありませんが、この場合はあなた自身もやらなければならない事があります。これをやらなければ、アールワイレンタルが航空会社に損害賠償請求ができず、破損による料金を支払う手続きが進みません。詳しくは、航空会社が破損させた場合に客がする対応をご覧ください。

 

 

 

トップへ戻る