アールワイレンタル 破損

航空会社が破損させた場合に客がする対応

 

あなたがアールワイレンタルでスーツケースをレンタルして飛行機に乗り、目的地の空港に着いたらレンタルしたスーツケースが破損しているかもしれない。この場合、破損によるスーツケースの修理代金やスーツケースの弁償のような損害賠償請求はアールワイレンタルの場合、あなたにはされずアールワイレンタルが航空会社に損害賠償請求します。

 

この際に、あなた自身もやらなければならない事があります。本ページでは、そのアールワイレンタルでスーツケースをレンタルし航空会社によって破損した場合にあなたがやらなければならない事を順番にお教えします。

 

 

 

 

目的地の空港でスーツケースの状態をチェック

 

飛行機に乗って目的地の空港に着いたら、アールワイレンタルでレンタルしたスーツケースの状態をチェックして下さい。スーツケースに傷や汚れがないか、そして破損をしていないを確認する作業をしてください。この時点であなたがレンタルしたスーツケースが破損していないをチェックしなければ、あなた自身のせいでスーツケースが破損したのか、航空会社のせいで破損したのかの判別がつかず、最悪の場合は航空会社のせいで破損したのにもかかわらず、あなた自身のせいで破損した事になってしまいます。ですので、必ずこの目的地の空港に着いた時点でスーツケースが破損していなかチェックして下さい。

 

 

破損を発見したら航空会社のラゲージ・クレームカウンターに行って下さい

 

目的地の空港に着いてレンタルしたスーツケースをチェックして、万が一スーツケースが破損(へこんでいる、割れている、キャスターが変形してしまっている)していたら、すぐにあなたが乗った航空会社のラゲージ・クレームカウンターに行って下さい。航空会社には必ずこのラゲージ・クレームカウンターがあります。ラゲージ・クレームカウンターの場所がわかなくても、お近くの航空会社のスタッフに聞けばすぐに場所がわかります。そして、この航空会社のラゲージ・クレームカウンターに行って、「破損証明書」をもらって下さい。破損証明書の発行には少し時間がかかるかもしれませんが、このスーツケースが破損していたらすぐに航空会社のラゲージ・クレームカウンターに行って破損証明書をもらう事がのちのち重要になってきます。

 

 

破損証明書をスーツケース返却時にアールワイレンタルに送って下さい

 

航空会社のラゲージ・クレームカウンターに行ってもらった破損証明書を、レンタルしたスーツケースを返却する時にスーツケースの中に入れてアールワイレンタルに送って下さい。この破損証明書を元に、アールワイレンタルが航空会社に損害賠償請求します。目的地の空港に着いてスーツケースが破損していて少し嫌な気持ちになるかもしれませんが、この破損証明書をもらっておけば、あなたに破損による損害賠償がいくような事はありません。破損の事はこれで解決です。素敵な旅をお楽しみ下さい。

 

 

トップへ戻る